財務

会社を経営していく上で 一番大事なもの

投稿日:

本日は「財務」

について投稿します。

あなたは、

会社を経営していく上で

一番大事なものって何か

わかりますか?

それは、

「現預金」です。

「現預金」がなければ

会社を経営するのは不可能です。

そして、

会社というのは、

一度立ち上げたら、

継続させる使命があります。

会社というのは、

世の中の人に、

優れた商品やサービスを

提供し続け、

喜んでもらい

稼ぎ続けて幸せな人を

増やす活動です。

そのためには、

売上を上げ、利益を残し

「現預金」を残し続けなければ

いけません。

「現預金」を残せず、

会社が経営できなくなれば、

使命を果たすことが出来ません。

では、

その「会社の使命」を果たし、

「現預金」を残し続けるには

どうしたらいいでしょうか?

それは、

「キャッシュフロー経営」を理解する。

ということです。

「キャッシュフロー」とは、

「会社のお金の流れ」のことで、

「キャッシュフロー」を理解することで、

・売上目標をいくらに設定していいかが明確になる。

・購買の時に、買ってもいいかどうかの判断ができるようになる。

・従業員へのボーナスの支払いが適正かどうかわかるようになる。

など、経営の判断基準が出来るようになります。

そのためにどうすればいいか?

については、

次回から順番にお伝えしていきます。

-財務

Copyright© コーポレートファイナンススクール , 2020 All Rights Reserved.