パラダイムシフト ブログ記事 マインドセット

パラダイムシフトが人生を変える

更新日:

東京やその周りの地域以外

の道府県では方言が話されて

いますよね。

 

自分は神戸が実家で、

大阪に住んでいて関西弁を

しゃべるので、

方言をしゃべっている一人

です。

 

しかし、関西人は

自分達のしゃべっている言葉

を方言とは思っていません。

 

関西の人って関西弁の事、

標準語と思っているんですよ。

(まぁ、ちょっとおおげさですが、

方言と言われるとやっぱり違和感が)

 

関西人は関西を中心に地球が回っている

で、何でも関西を中心に考えるので、

東京の事も地方と呼んじゃいます。

こんな事言うの関西の人間だけ

ですよね。

 

この間、ある人が、

地方の人は「東京の会社で~」

と話すと、東京って言う言葉だけで

凄いと思ってしまうと

言っていますがそうなんですか?

 

関西の人間には、

まったくわからない感覚なので。

 

最近はそうでもないのかも

しれないですが、

どちらかというと関西人って

東京に対して、敵対心を

むき出しにしています。

 

東京側からしたら、

多分どうでもいい事なので

しょうが、

関西人はむきになっている。

 

なので、「東京が・・・」

と口にすると逆に、

「東京がナンボのもんじゃい!」

となってしまいます。

 

自分が住んでいるところは、

大阪の豊中市というところで、

わりと転勤族の方が多く、

標準語で話す人もわりと

見受けられます。

 

なので、関西の中でも比較的、

あまり、東京がどうだとか

気にしない地域なのでしょうか。

 

自分自身は、

神戸で育ったのですが、

母親が茨城県の出身なので、

昔から東京であろうが、

関西であろうがあまり

気にしていません。

 

あ、そうそう。

僕は神戸で育ったのですが、

大阪と神戸って結構言葉に

違いがあるんですよ。

 

「~してる。」というのを

「~しとう。」と言ったり、

「ダボ」って言葉を使ったり

します。

 

どういう意味かわかります?

説明は難しいのですが、

「アホ、ボケ。」を省略した

ものでしょうか。

 

たまに、大阪の人には

バカにされたりすることも

ありますね~。

 

文化の違いを受け入れ自分はどうするべきか

あと、言葉ではないのですが、

文化の違いって事でいうと、

日本の国以外の人って、

露骨にイヤな顔とかします

よね。

 

逆に日本人は基本的に、

いつでも愛想よくする風潮

なので、

 

海外の人からは

何を考えているのか

わからないって言われて

しまいます。

 

けど、

それは日本の文化だし、

日本にいる上では

それでいいのでは

と思います。

 

ただ、

外国の人と議論をする機会が

あれば、おとなしくしてる場合

じゃなく、どんどん発言を

しなければいけないですね。

 

とはいえそんなことは関係ない

まぁ、どちらにしても

今はインターネットが普及して、

海外に行くのも普通の時代

ですから、

 

東京だ、大阪だ、神戸だ、

よその国だと言わず

グローバルな視野で物事を

考えていきたいですね。

 

視点を変えればいい事が

有名な著書「7つの習慣」で、

インサイドアウトという

考えがあり、

 

外からの意見や、

常識と思われている事とは

関係なく、

自分自身のうちにある

考え方をしっかりと持つことで、

 

周りの状況がどうであれ

自分の考えや視点がぶれる事は

ないというものです。

 

視点を変える、

これをパラダイムシフト

と言っていますが、

 

パラダイムシフトを起こすと、

モノの見方が180度

変わってきます。

 

なので、物事の原則は何なのか

という考えを持ってモノを見ると

今までと視点が変わって考えが

変わり、いいアイデアが生まれる

事があるのではないでしょうか。

-パラダイムシフト, ブログ記事, マインドセット

Copyright© ビジネスを面白くする , 2018 All Rights Reserved.