パラダイムシフト ブログ記事 マインドセット

頭でっかちになっていて行動できていない

更新日:

我々起業家は、たくさん勉強を

しなければいけません。

そこで、この間の、土、日に

セミナーに参加するため、

渋谷に行きました。

今、ここで記事を書いていますが、

まさに、これが書けるようになる

ためのセミナーです。

 

セミナー参加の意義

このセミナーに参加した目的は、

もちろん記事が書けるようになる

ことですが、もうひとつは、

自分とは違う仕事をされている

人に会う事。

 

そういった目的もあります。

特に、ここに参加されている方は

社長さんが多いです。

こういう人と知り合いになると、

人脈作りにもなり、

 

お互い、何か困ったことがあったら

助け合えたりという事も

出てくると思います。

 

どんな人がこのセミナーに参加していたのか

今回会えた人は、

ソフトウエア開発会社の社長さん、

ライブハウスと提携してお客さんを

集める仕事をされている

女性オーナーさん、

 

電気設計技師さん、

社会保険労務士さん、

メール配信ソフト開発をされている

社長さん等。

その中でも、これから先、

あまりお知り合いになれない

だろうという方に出会いました。

 

あまり会う機会がない方との出会い

プロのカメラマンの方です。

その方の話には、

色々と興味をそそるものが

たくさんありました。

昔は、商品を撮る仕事が中心だった

そうですが、途中から人物の撮影

に変えたそうです。

 

一人何枚くらい撮るんですか?

と質問すると、

ポスター撮影なんかは、

大体150枚くらい

撮るという事だそうです。

 

それで、

そのうちの初めの50枚は

捨てるという事です。

なぜだかわかります?

 

相手のいいところを引き出す

人というのは、

いきなり大きなカメラを

構えられると

緊張してしまいます。

 

もちろん、モデルとして

それに慣れて当たり前に

なっている人にとっては、

問題ない事なのでしょうが、

 

はじめての人は、

緊張してしまいますよね。

 

だから、状況に慣れるために、

1枚1分くらいかけてゆっくりと

撮影するという事です。

 

その人と話をしながら、

自然な表情を撮るためです。

これで、相手のいいところが

引き出せるのです。

 

知っているとわかったは違う

「へー、そうなんですね。」

とその方に言ったあと、

 

「昨日のメルマガでこんなの

見つけたんですよ。」とその人に

記事が書かれたスマホの画面を

見せました。

 

写真の撮り方を書いた

メルマガだったのですが、

「うん、その人の言っている通りだよ。」

との事。

 

「じゃー今のでわかったんだよね。

1回写真撮ってみたら?」と言われ、

「いや、でも・・・」と躊躇していると、

 

「とにかくやってみるといいよ。」

ともう一度言われたので、

やってみることにしました。

 

近くにきれいな方がいたので、

そのカメラマンの方に、

「お願いをして撮らせて

もらったら?」と言われ、

声をかけて、OKをもらいました。

 

「いい表情を引き出す。」

その為に色々とその人と色々と

話をして、とりあえず撮りました。

結果は・・・ もちろん、ヘタクソでした。

一度マニュアルを読んだだけでは

うまくいきませんよね。

 

とにかくやってみる

しかし、「自分はまだまだだから・・・」

と躊躇していては、何も始まりません。

とにかくやってみるという事が

大事なんです。

とにかく、一度シャッターを

押してみてください。

初めはヘタクソかもしれませんが、

正しい方法を知って、行動すると

うまくなってきます。

上手くなるには、

数をこなさなければなりません。

大量に行動しなければなりません。

 

行動せずに上手くなんてなれません。

「とにかくやってみる。」

あなたも、頭でっかちになっていて、

行動できていないという事は ないですか?

-パラダイムシフト, ブログ記事, マインドセット

Copyright© ビジネスを面白くする , 2018 All Rights Reserved.